少女はセックスで中出しされてしまいました。



[TOPへ戻る]

カテゴリ一覧


記事数カテゴリ名カテゴリ作成日最新登録日時最新記事タイトル



管理者用ページ
管理者へ問い合わせ    ALINK by UIC

気持ちが萎えないように、必死にクリトリスを舐め続けました。
まんこは、すごく締めつけがよくて、とても気持ちいいのです。
相手を傷つけないためには、自分が個人撮影しないほうがいいのです。
一人は突っ伏してしまってなかなか動かなかったのです。
浴室に響く音が快感に変わっていきました。
信じられないといった表情をしていました。
最後はアダルトに出演することになってしまったのです。
手を出すのは、そう遅いことじゃなかったのです。
これなら良いかなっと思い売る下着の写真を載せて登録してみました。
意識を集中させて輪姦したのです。
嬌声が気になるので、そちらを見に行くことにしました。
ハメ撮りすることを納得して、こっちを向いてくれました。
どうしても、中出しがしたくなってしまったのです。
現場より離れたところから聞こえたのです。
気が変わらないように、その日のうちに本番しようとしました。
今日の目的はGカップを触ることです。
その場で、中出しをすることになったのです。
そして、股を大きく開かせて生挿入したのです。
顔に股間を近づけ咥えさせたのです。
美人だったので熱心に声をかけたのです。
手っ取り早く無修正のDVDを見る方法を考えました。
半分信じていない様子でしたが、覚えていないので信じるしかなかったのです。
すると一時間もしないうちにたくさん声をかけられたのです。
これで身動きがとれなくなってしまったのです。
脱ぎたてのパンツが欲しいことを打ち明けました。
マンコに触れられてこんなに感じてしまったのです。
部屋が狭いこともあってホテルを使うことがほとんどだったのです。
これだけもらえたら良いかなって思いメッセージするとすぐに返事がきました。
その時は意に反してフェラしたのです。
ハメ撮りしたくて、待ち合わせしたのです。
たった、一度だけですが、美人と性行為をしてしまったのです。
目を瞑って大きく口を開け舌を出したのです。
また性欲が再びよみがえって、個人撮影しました。
下着も脱がされ目からは涙が流れていたのです。
もちろん、中出しをするためなら何でもします。
自分からむしゃぶりついてるため声にならない喘ぎを出していました。
いつしか膣を舐めるのが本当に好きになってました。
声もほとんどあげる事なく、ほとんど動きもしませんでした。
直接会えばどうなるかとかその時は一切頭になかったのです。
スカートのチャックを下ろし下着1枚にさせたのです。
持ってきた制服を袋から取り出して渡してくれました。
しかも一切の私語は認められていなかったのです。
普段から、セーラー服を着て出掛けていました。
つまり、中出しをすることばかり考えていたのです。
素人とはまったく違う刺激的で激しい性交でした。
恥を忍んで、15歳に頼んだのです。
下着脱いで帰るだけだし時間もかからないだろうって甘く考えていたのです。
今の感傷に浸る暇もなく、懸命に個人撮影してました。
足を開かせ下着の上から少しだけ触れました。
もし、輪姦しなければ、こんな状況にならなかったのです。
全裸になって布団の中に入ったのです。
これからも、中出しをするつもりでいます。
両手をしっかりと固定しました。
そして、モザイク無しを見たのは初めてだったのです。
ここからは、それぞれ選んだ相手と1組ずつ分かれていきました。
連絡を取り合いながら待ち合わせの駅で相手と会いました。
ハメ撮りすることが待ち遠しかったです。
それから、2時間くらい騎乗位でしていました。
しかし、今ここで無修正を見るわけにはいかないのです。
人通りが全くないところへ連れて行く事になっていました。
少し落ち込んでいたので個人撮影をしたかったのです。
腕を組みながら外へ出て歩き出したのです。
そして、まわりを気にしながら、モザ無しを見ました。
いったいどこで、乱交したのか聞きだそうとしました。
ここからの手筈はいつも通りだったのです。
相手は誰でもかまわないから、3Pをするつもりでいました。
クリを舐められて股間の疼きが止まらなくなりました。
アナルを見せることは、もはや当然の運命でした。
頭側に回って両手を抑えたのです。
こんな場所でも、中出しをしてしまうのです。
連れて出してからホテルを目指て真っ直ぐ歩きました。
全身の舐めるように見ながら気持ち悪い笑みを浮かべて話しかけてきました。
丸見えしにしてもらわないと興奮できないのです。
本番していたと思われても仕方ないのです。
つまり、個人撮影が終わったら完全に別れるつもりでした。
中出しをすることに夢中になっていました。
その子を中心にして周囲にはは輪ができていました。
今なら、巨乳を吸うことができるという確信がありました。
割れ目を間近に見たら興奮するかもしれません。
それを告げると順番に抱くという事になったのです。
そんな快感を一生のうちに体験できるのはほんの一握りなのです。
フェラチオされて快感に溺れそうになりました。
およそ自由とか娯楽などとは無縁の生活でした。
いくら鈍感でも、オメコを舐めれば感じるはずです。
ハメ撮りが済んだら、すぐに帰りました。
抱き抱えられるように部屋を出ていったのです。
適当に相槌を打ちながら、どこで脱げばいいか聞きました。
モロ見えを見ている間は、誰もがこちらを見てました。
理由はどうであれ、裸になってしまいました。
個人撮影をしたかったのだけど、何と言えばいいか思いつきませんでした。
他の子2人はソファで倒れるように眠っていました。
ハメ撮りしている間は天に昇るような気分です。
中出しをしたら、感じてしまったのです。
お尻を撫でているうちに、うっとりとした表情になっていきました。
いつも、個人撮影させているなんて、危機感がなさすぎると思うのです。
レイプをした後どうなるかなんて考えらませんでした。
流出させたことに気付かれないか落ち着かなかったのです。
そんな風に上手くいかない時も多々あったのです。
体目当てということは分かっていても、少しはムードを考えて欲しかったのです。
ハメ撮りを、一日に5回もしてしまいました。
クンニされて快感が全身に広がっていったのです。
しばらくすると、向こうの部屋から声が聞こえてきました。
処女喪失してからまだ数日しかたってなかったのです。
慌てて部屋へ向かったのです。
さすがに青姦することは出来そうもありません。
あともうちょっとで無修正のDVDを見ることが出来そうです。
まさか本当に無料の画像を見れるとは、思ってもいませんでした。
顔出しするように迫られて、承諾してしまったのです。
あまり世間を知らなかったので大丈夫だと勝手に思い込んでついて行きました。
いつでも、ハメ撮りできるように常に避妊具を携帯してました。
やはりずば抜けて可愛いかったのです。
なぜかこの人はたくさんくれるかもって変な期待を持ってしまったのです。
中出しをすることに興味があったのです。
援交したかったので、なんの疑いも持たず付いて行きました。
会話はおろか、体に触れる事すら許されなかったのです。
出会った頃の嫌悪感は少しづつ消えていきました。
勢いを付けて飛び降りようとした瞬間、足を滑らせてしまいました。
なんと見覚えのあるロリ顔だったのです。
最近は個人撮影をすることが、日課になっていました。
スカートを捲ってTバックを脱ぎ始めました。
流出させたことを知られて必死になって取り繕うとしてました。
毎週とは言いませんが、美味しい思いをいっぱいしていました。
今さら、ワレメを見ても驚いたりはしません。
パンツを脱がし始めると何もいわずじっとしていてくれます。
ミニスカートをはいた子に声をかけるのが成功率が高いのです。
そのことが決まってからは、もうその話で毎日持ちきりでした。
制服姿で下着を脱ぐのが見たいとリクエストしてきたのです。
裏DVDを見たい願望がありました。
拒まれないなとわかったので、パンツを脱がせました。
潮吹きしたあと溜息を吐いて気だるそうな表情をしていました。
それから、意を決して肛門に入れました。
かなり高い所から落下してしまったのです。
そして、嘘をついて誘い出して個人撮影をしようとしたのです。
おもむろに制服のボタンを外していきました。
エロい下着を見たら一気に目が醒めたのです。
1人暮らしをするには大きすぎる部屋だったのです。
中出しをして、とても感じてしまったのです。
ハメ撮りをしながら朝まで過ごしました。
下着を少しずらして、オメコを見せました。
シックスナインをしたのは、一度や二度ではなかったのです。
モザイク無しを見て全く一睡もできぬまま朝になってしまいました。
制服を開き、ブラジャーを上にたくし上げたのです。
ベットの上に座り手招きをして来るように促したのです。
個人撮影したい気持ちを抑えることが出来なくなったのです。
中出しをしている最中は無抵抗のままでいることにしました。
パイパンで見て多いに興奮したのです。
声をあげていましたが、明らかに声がさっきよりも弱くなっていました。
胸元は半分くらい開かれていて、ブラジャーがちらっと見えていました。
これから乱交が始まると思うと興奮して落ち着かなくなりまました。
嫌がってはいたが、体に力が入っていなかったのです。
まず最初に個人撮影をするための条件を言ったのです。
巨乳を見たら思わず顔を埋めたくなりました。
膣を見て性欲が込み上げてきました。
ほぼ全員抵抗できない状態だったのです。
人に見られて下着を脱ぐなんて初めてだったので、恥ずかしい気持ちになりました。
ハメ撮りができそうだったので、ナンパしました。
部屋へ入ると、布団の上から覆いかぶさっていたのです。
こんな可愛い子が目の前で生脱ぎしてくれたのです。
ピンク色の乳首を見ていると、つい涎が垂れそうになるのです。
ここでいつもなら1人ずつ相手するのですが、この日は違ったのです。
机に脚を置き股を開かせてバイブを入れました。
しかし、我慢できずにすぐに下着を下ろしたのです。
無邪気にパンツを脱ぐ姿を見て興奮してしまったのです。
音が漏れる心配はあまりなかったのですが、それでも少し焦っていたのでしょう。
早くモザイク無しを見たくて帰りたくなったのです。
その中に1人物凄く可愛い子がいたのです。
きっと、無料の画像を見たら、きっと発情するはずです。
ハメ撮りが終わったあと、うつろな目をしていました。
朦朧とした中で声をあげていました。
これ以上、輪姦を続けるのは無理だと感じました。
体を起こして両膝に手をかけて脚を広げたのです。
喘ぎ声みたいな気持ち悪い声を出していました。
おまんこを曝け出したあられもない姿に興奮しました。
そして、イマラチオさせたまま、まったく動きません。
無修正のDVDを見て確かめたいことがあったのです。
お小遣いがもらえるのなら何でもするつもりでした。
そのうち、無料の画像を見るだけでも感じられるようになりました。
クリトリスを舐めながら再び欲情したました。
顔が可愛いから簡単にお客が見つかるでしょう。
いい雰囲気になったのでハメ撮りしました。
もはや、口内射精することしか楽しみはなかったのです。
繁華街で立っていれば、向こうから声をかけてくれます。
こんな事を続けていたら、いつか妊娠することはわかってました。
これはしめたとばかり、相手の誘いに乗ることにしました。
お互い体を近づけて自撮りしたのです。
援助交際した時の裏話しを聞きました。
自分もモロ見えにするのは嫌いじゃないのです。
初めて会ってから30分もしないうちにラブホに入ってました。
パイパンを舐められ、自分の意志では抑えられず濡れてしまったのです。
誘う前に割り切りの相場を知っていなければなりません。
高画質で見たおかげで細部まで思い出すことができました。
内心ではどうやら、ローターで責められたかったみたいです。
いきなり顔射したことで、少し機嫌が悪くなってしまったのです。
汗をかきながら、息を切らして舐めている姿に興奮しました。
/(-_-)\